スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAIR WARNING / Go!

FAIR WARNING _ Go!
FAIR WARNING / Go! (1997)

3枚目ですね。
ドイツのメロディアス・ハードロックの雄 フェア・ウォーニング。

ゼロ・コーポレーションから登場です w


前2作で若干雰囲気の違う高品質なメロディアスHRを提示してきた彼ら。

この3rdでは、フェア・ウォーニングの
バンド像が完璧に確立されています。

いや、
メロディアスHRの1つの完成形
を築いたと言えるのかもしれません。。



より洗練され、ある種マイルドになったとも表現できるそのサウンド
より一層のリスナーにアピールできるスタイルへ進化したと思います。

そして、FAIR WARNING の命綱とも言える楽曲もまた
まるで日本のリスナーを完全にターゲットとして生み出したような

哀愁のメロディや 疾走感溢れる曲、さらにはポップ性をも併せ持った、
メジャー感溢れるポジティブな雰囲気に満ちています。


ヘルゲ・エンゲルケ< g >も
スカイギターをバッチリアピールする方向性に決めたようです w


とりわけ①~④曲目の素晴らしさは誰もが認めるところでしょう。


「別の "Burning Heart" を作れ」と要請を受けたバンドは、
見事に①曲目 "Angels of Heaven" で その期待に応える、、

いや、期待を超える

"ネクストレベルのバーニング・ハート" を披露します (T_T)

さらに②曲目の "Save Me" は
ポジティブなメロディアス・ハードの最高峰!

本心でコレが良くないってヒトっているのでしょうか、、!?




もうコレだけで十分ですね。


その上、③曲目のメロウなバラードも、
④曲目のポップなミディアムテンポナンバーも超高品質とくれば

「歴史に残るメロディアス・ハードの名盤」
の冠も 伊達じゃないわけですなd(´∀`*)



しかし私的には、穴が無いわけではないんです。コレが。

やはり中後半では 曲によって締まりが無いモノがでてきます。
ポジティブで和やかなムードを取り入れたことによって、
前作「Raimaker」にはあった
キラーチューン以外のナンバーの "緊張感" が欠落してしまい
やや 弱さを感じるのは否めません。

まぁ、あくまで前半の素晴らしさと比べると、なんですが ^^;

あとはムーディなバラードが多く 特に1コーラス目まで似かより過ぎかも。
このあたりでもう1曲、ガツンとくるモノが欲しかった、、(>_<)


__________ Song List __________
★ 01. Angels Of Heaven
★ 02. Save Me
◎ 03. All On Your Own
○ 04. I'll Be There
05. Man On The Moon
▲ 06. Without You
◎ 07. Follow My Heart
○ 08. Rivers Of Love
○ 09. Somewhere
▲ 10. Eyes Of A Stranger
◎ 11. Sailing Home
○ 12. The Way You Want It
◎ 13. The Love Song

★◎○▲無印でお気に入り度をつけています ヽ(´¬`)ノ
ある程度アバウトですが▲以上で結構気に入ってると思って下さい。

①は言わずもがな、上述の、Fair Warningとはなんぞや!
②ももはや言うこと無し。
③が今作のバラード最高峰!
④のアルバムVer.は正直バスドラが強烈すぎ、、シングルVer.が好きです。
⑤、ちょっと気だるい感じのムーディな曲。
⑥は哀愁漂うシンプルなミドルテンポナンバー。
⑦がポジティブなアコースティックハードポップナンバー。
⑧はKeyの哀愁ヴァース部から華やかになるコーラス部が○
⑨は明るい雰囲気のミディアムナンバー。
⑩はムーディなバラード。 民族楽器?
⑪はミドルテンポのハードロック。
⑫もムーディなバラードw
⑬もムーディなバラードww でもコレが本命。



右にはこのアルバムから漏れた "Come On" という曲が収録されています。
アルバム中どの曲よりも疾走し、最高のギターソロがあるハードチューン。

あるんですよ、、もう1曲、ガツンとくるモノは。。

なぜだっ!なぜこの曲をアルバムに入れないんだ、フェア!ウォーニンッ!!
⑤と入れ替われば +2点は硬かったぞ (>_<)

【93】

あ、お恥ずかしい話ですが "Save Me" は私らの結婚式の入場曲で使わせてもらいました ^^;

スポンサーサイト

FAIR WARNING / FourPageTopFAIR WARNING / Rainmaker

Comment

こんにちは。
FAIR WARNING祭りですね!僕もこのアルバムが大好きでFAIR WARNINGの最高傑作だと思ってます。Come Onは何故アルバム未収録なのか本当に不思議な名曲ですよね。
中盤のまったりムードは他の曲が良すぎるからだと思うことにしています。実際、個々の楽曲は一級品ですしね。

よしよさん、こんにちは。

やっぱり「Go!」は最高傑作と名高いですよね。
でも僕は「Four」が一番気にいっているんですよ (^_^)

"Come On" いいですよね! アルバム未収録はもったいなさ過ぎます。。

中盤のまったり感は曲順を見直すか
収録曲を絞ると良かったかもですが、
おっしゃる通り個々の楽曲自体は一級品だと思います。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://nara2014.blog58.fc2.com/tb.php/82-8c7ded87

アクセスカウンタ

オンラインアクセス

カレンダー

来てくれてありがと

たけちよです。
よかったらゆっくりと していってください。

今回であなたは

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ランキング

気が向いたらヨロシクです。

つぶやき

ローテーション

Helloween _ 7 Sinners Halford _ Made Of Metal Kamelot _ Poetry for the Poisoned Firewind _ Days of Defiance Iron Maiden _ The Final Frontier Blind Guardian _ At The Edge Of Time Paul Gilbert _ Fuzz Universe Marty Friedman _ Bad D.N.A. Unruly Child _ Worlds Collide Salute _ Heart Of The Machine

ブログ内検索

相互リンク ブログ
リンクいろいろ
ブログスカウター

ブログの戦闘力(?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。