スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタル耳のススメ vol.13

こんばんわ~。
週末いかがお過ごしでしょうか、たけちよです。

今夜も始まりました、メタル耳のススメ。
第13回目です (´∀`)

前回は、
クラシカルでドラマティックなキーボードをフューチュアした
デンマークのメロディアスHR/HMバンド
ROYAL HUNT を紹介しましたね。

素直にカッコいいそのメロディやサウンドに
大いに魅力を感じていることと思います ヽ(´ー`)ノ

それはあなたのメタル耳がどんどん育っている証です!
その調子で今回もモリモリあなたのメタル耳を鍛えていきましょう♪


VAN HALEN _ Balance
VAN HALEN / BALANCE (1995)

今回はこのアルバムです。
アメリカン・ハードロックの大御所ヴァンヘイレン です。

ボンジョヴィエアロスミス とは
また違った大人のハードロックとなっているこのアルバム。

その2バンドの黄金期を築き上げた名プロデューサー
(故)ブルース・フェアバーンが参加した作品でもあります。

第1回 BON JOVI の「Slippery When Wet」や
第6回 AEROSMITH の 「Get A Grip」を手がけた
プロデューサーが今度は VAN HALEN を手がけるなんて、、!

当時、そのきっかけで
初めてヴァンヘイレンを聴くことになった私は
大いに期待してCDに臨んだものでした、、。


なんと言っても、②曲目
"Can't Stop Lovin' You" だけは
外せません d(´∀`*)

普遍的なロックの魅力を凝縮した
極上のメロディックアメリカンロックです。


そして⑦曲目の
大人のムード漂う叙情的なピアノバラード
お気に入りの名曲となるハズです。




しかし、それ以外が、、。 (合掌。。)





当時の私は本当に②⑦以外を 気持ち良く聴くことはできず、

「VAN HALENは曲が良くないからな~。」

なんて友人と意見が一致していたこともありました。。(´Д`;





否、それは違います!


今の私はここに断言します。

ボンジョヴィやエアロスミスのような
フックのあるわかりやすいメロディの曲は少ないですが、、
しかし①や③を筆頭にした
シリアスで粘り強く、突き抜けるようなハードロックこそに
「バランス」の魅力が凝縮されているのです。


今はまだ昔の私のように
この雰囲気を受け入れることはできなかもしれません。。

でも大丈夫です 。

あなたも私と同じ様に
このようなまるでわざとキャッチーさを抑えたような
楽曲らの魅力を感じるようになります。

こんな私ですらなれたのですから、、!



まずは上述のとおり
②と⑦でわかりやすいヴァンヘイレンを気に入りましょう。

そして①③⑧⑫のようなミドルテンポのナンバーも、
気に入らなくても結構です。
何度か聴いて楽曲の存在を感じて下さい。
(気に入るにこしたことはありませんが^^; )

これほどクリーンでありながらもエッジの効いたギターを聴かせる、
エドワード・ヴァンヘイレンのサウンドにもぜひ注目して下さい!



日本盤はジャケットが違うのも有名です。
頭で紹介したジャケットは日本では刺激が強すぎるみたいですね。


それでは、また次回まで、
"Can't Stop Lovin' You" 他 w を聴き続けましょう (´∀`*)

スポンサーサイト

SCAR SYMMETRY / Dark Matter DimensionsPageTop一期一曲 Track.1

Comment

うん・・・やっぱりか・・・。
やっぱりヴァンヘイレンは聴きにくい曲が多いのか・・・(汗
実は好きになれないからこそこのメタル耳の特集やって欲しかったんですよ(笑

まあなんとか頑張って聴いてみます・・・w

higeraさん、どーもです。
お待たせしてすみませんでした。

そうですか、higeraさんはヴァンヘイレンが苦手なのですね。

私も記事に書いたとおり、
曲が良くないから聴けないのだと思っていたんですが

かなり放置プレイの後に、
いつのまにか聴けるようになってなっていました ^^;

僕と同じ感じだと、
ヴァンヘイレンだけを無理に聴き込む必要はないのかもしれません (^-^)/

あぁ、今聴き返しています。
"Can't Stop Lovin' You"はなんか別格ですね。なんでこの曲あんなに流行ったか分からないんですが。
個人的には“F@U#C%K”をよく聴いてました。
カセットテープでw

ゴロネコさん、こんにちわ~。

"Can't Stop Lovin' You" は 普通のポップスファンにもアピールできる曲ですよね。
"Jump" 等が好きな層にも強く支持されたのではないかと思います。

「F@U#C%K」はサミー時代の名盤の1つですもんね!
やはり "Right Now" は素敵です (´∀`)

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://nara2014.blog58.fc2.com/tb.php/77-87968a84

アクセスカウンタ

オンラインアクセス

カレンダー

来てくれてありがと

たけちよです。
よかったらゆっくりと していってください。

今回であなたは

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ランキング

気が向いたらヨロシクです。

つぶやき

ローテーション

Helloween _ 7 Sinners Halford _ Made Of Metal Kamelot _ Poetry for the Poisoned Firewind _ Days of Defiance Iron Maiden _ The Final Frontier Blind Guardian _ At The Edge Of Time Paul Gilbert _ Fuzz Universe Marty Friedman _ Bad D.N.A. Unruly Child _ Worlds Collide Salute _ Heart Of The Machine

ブログ内検索

相互リンク ブログ
リンクいろいろ
ブログスカウター

ブログの戦闘力(?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。