スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタル耳のススメ vol.8

こんばんわ、たけちよです。

少し久しぶりになりました。
メタル耳のススメ、第8回目です。

みなさん、暑い中メタル耳育ててますかー。
僕はクーラーで涼みながら今夜もメタルってますw

OZZY / No More Tears
OZZY OSBOURNE / No More Tears (1991)

ヘヴィメタルの帝王 オジー・オズボーンのソロ6th。
これを最後に引退宣言のなされたアルバムです。
(結局引退しませんが。。 いやいや、イイことです(^^; )

この作品を初めて聴いたときは、
ヘヴィメタルの帝王との事前情報を得ていたので
少し腰が引けながらも
CDプレイヤーにかけたことを覚えていますw


公園かどこかで遊ぶ子供達のSEに続き流れ出る
ヘヴィ&パワフルでありながら耳を引くギターリフフレーズ!
その上にのる馴染みやすいオジーの歌声、、。
続くフック満載の楽曲達。


こ、これは、、!
んげー、カッコイイじゃん!(ジャケットのイメージも++)

というか、こんなに聴きやすいの?

オジー最高 (*´Д`)



まだまだ聴き慣れた曲 や 特にキャッチーな曲でなければ
ヘヴィメタルに馴染めなかった僕
でしたが、一発で虜になりました。



実はコレ高校生の頃の話で、友達のCDを借りてたのですが
その友達があまりオジーを気に入らなかったせいもあってか

未だに我が家のCDラック内にあります。




HELLOWEENGAMMA RAY のようなメタリックな質感では無く
どちらかというとハードロックサイドから
ヘヴィなベクトルへ落とし込んでいったようなギターサウンドが
とにかく印象的でした。


とりわけ①~⑤迄は今聴いても完璧な構成。
⑥⑦もなかなかヨロシです。

まずは、
①と④を聴いて下さい。
 一般リスナーにそのままアピールできる名曲でしょう。
 アップテンポの④とミドルテンポの①。どちらも魅力的です。
 続いて
③はアコースティックなバラードですから全然OKですね。
 ママって歌詞に引かないよう気をつけて下さい w
②と⑤も最強なんですがメタル耳Lvによっては
 まだキツいかもしれません。
OKです。また戻ってきましょう。

 実際僕はこの段階では②のサビメロと⑤は心底受け入れできませんでした。
 当然今はダルンダルン(?)に服従なんですがw


残念ながらアルバム後半は急激に失速します。
気にいった曲がなければ特に聴く必要はありません。
(どどーん)



また新たなHR/HMのスタイルです。ワクワクしますね o(^-^)o

ではでは、今回も自信を持ってススメるアルバムですから
ぜひ楽しみながらメタル耳を育てて下さいネ。


スポンサーサイト

HALESTORM / HalestormPageTop夏休み@2009 → 終了

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://nara2014.blog58.fc2.com/tb.php/39-61852963

アクセスカウンタ

オンラインアクセス

カレンダー

来てくれてありがと

たけちよです。
よかったらゆっくりと していってください。

今回であなたは

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ランキング

気が向いたらヨロシクです。

つぶやき

ローテーション

Helloween _ 7 Sinners Halford _ Made Of Metal Kamelot _ Poetry for the Poisoned Firewind _ Days of Defiance Iron Maiden _ The Final Frontier Blind Guardian _ At The Edge Of Time Paul Gilbert _ Fuzz Universe Marty Friedman _ Bad D.N.A. Unruly Child _ Worlds Collide Salute _ Heart Of The Machine

ブログ内検索

相互リンク ブログ
リンクいろいろ
ブログスカウター

ブログの戦闘力(?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。