スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタル耳のススメ Vol.6

こんばんわ。たけちよです。

今日も始まりました。メタル耳のススメ。
第6回目の今回も予告どおり受け入れやすいバンドを紹介します。

AEROSMITH / Get A Grip
AEROSMITH / Get A Grip

私が高校生の頃、既に第2黄金期に入っていた彼らでした。
初めて聴くときはベテランだから安定感はあるのだろうけど
バンドとしての勢いだとかそういう魅力はどうなんだろう?
とお金の無いなかのCD選びで物思いに耽っていました。。w


で、
この「Get A Grip」愛聴盤となりました。(´∀`)
勢いとか全然いらぬ心配。ノリにのってますw

この頃のエアロスミスを聴くと
高校生の頃の青春というか、葛藤というか
陳腐な表現ですが 甘酸っぱい気持ちが甦ってくる
僕にとって特別な曲達が詰まったアルバムです。

もちろんその内容は一般的にも折り紙付きです。


①の印象的なスティーブン・タイラー(Vo)のラップ(?)的パートから
 流れるように始まる
②。エアロスミスを象徴するかのような
 ファンキーなアメリカンハードロックです。
ご機嫌なカッコ良さ。
 "Eat The Rich" セレブなんか喰っちまえ!って感じですか。
⑨と⑪は似通ったコーラスメロディを持つビッグバラードですが
 そんなことはおかまい無し、どちらも最高の曲です。
⑭は胸が締め付けられるような⑨⑪に匹敵するナンバーで
 個人的にはこの曲の方がより好きですね。


さらにハイライトは ⑤で決まりです。
 まるでビートルズを思わせる柔らかで印象的なメロディを
 エアロスミス唯一無二のサウンドで構築した響心の名曲です。



その他の曲は気にいらなければ聴く必要はありません。
(どーーん)

ベテランらしくいろいろと話題曲はあるんですが、、。



今回は前回につづきアメリカンハードロック路線で続きました。
と言ってもMR.BIGとAEROSMITHではバンドのスタイルが
全然違いますけどね (^-^)

共に歴史に残る素晴らしきアルバムですので、
ピックアップした曲は繰り返しきくことになると思います。

いや、必ず聴いて下さい。





ではでは、また次回 (^-^)/~


スポンサーサイト

CAIN'S OFFERING / Gather the FaithfulPageTopマルセル・ヤコブ 自殺

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://nara2014.blog58.fc2.com/tb.php/25-f1ba5e4b

アクセスカウンタ

オンラインアクセス

カレンダー

来てくれてありがと

たけちよです。
よかったらゆっくりと していってください。

今回であなたは

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ランキング

気が向いたらヨロシクです。

つぶやき

ローテーション

Helloween _ 7 Sinners Halford _ Made Of Metal Kamelot _ Poetry for the Poisoned Firewind _ Days of Defiance Iron Maiden _ The Final Frontier Blind Guardian _ At The Edge Of Time Paul Gilbert _ Fuzz Universe Marty Friedman _ Bad D.N.A. Unruly Child _ Worlds Collide Salute _ Heart Of The Machine

ブログ内検索

相互リンク ブログ
リンクいろいろ
ブログスカウター

ブログの戦闘力(?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。