スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANGRA / Aqua

2010/10/15(Fri) 06:43

ブラジルの至宝 アングラ 4年振りの 7th アルバム。
ANGRA _ Aqua
ANGRA / Aqua (2010)

アンドレ・マトス派 (そんなものがあるのかどうか知らないが) の
私は 彼抜きの 4th以降の新生ANGRA に対しては懐疑的でした。
しかし、前々作「Temple of Shadows」の素晴らしさには
ぐうの音も出ない、というか 完全に惚れこんでしまいました (´∀`)

前作「Aurora Consurgens」は飛躍した地位を確固たるものにする
大事な作品と 大いに期待して臨んだのですが、結果は。。
(ブラジリアン要素を強く導入するのは 悪くないが
 肝心のメロディがおざなりにになっちゃダメよん(>_<。)


そして今作、「ANGRAよ、もう一度。ほんとは出来るよね?
と、期待と不安が交じり合いながら 臨んだアルバムとなりました。。






んー。
どうした。キコ< g >さんよ。

悪くない。悪くはないが、
あんた達、こんなものじゃないでしょーよ。


全体的にサウンドの輪郭がぼやけているせいもあり 緊張感が希薄で
とても「Temple of Shadows」を造り上げたバンドとは思えません。

エドゥ・ファラスキ< vo >の歌声も 各所で指摘を受けるがままでしょう。


楽曲自体は 前作よりも聴き易く
メロディック・パワーメタルの範疇で好印象。
流れるようで心地よいメロディも随所に出てくるし
少々強引で面白みにかけるところはあるが、
趣向を凝らしたアレンジも 見受けられます。

しかし、バンドとしてのスケール感が ダウンしているのは否めない。

「頑張っている」のだけど、
それを聴き手に感じさせてしまうクラスのバンドでもないでしょうに。。

内部的に上手くいってないのかね?


アングラとしてはコンパクト。及第点のアルバム。

充分いいアルバムだけど 格/期待値から考えると、ね。


__________ Track List __________ [国内盤]
01. Viderunt Te Aqu
○ 02. Arising Thunder
▲ 03. Awake From Darkness
○ 04. Lease Of Life
05. The Rage Of TheWaters
06. Spirit Of The Air
07. Hollow
08. Monster In Her Eyes
09. Weakness Of A Man
10. Ashes
11. Lease Of Life [Remix] (Bonus Track)

★◎○▲無印でお気に入り度をつけています ヽ(´¬`)ノ
ある程度アバウトですが▲以上で結構気に入ってると思って下さい。

① 冒頭は1分程度のSE。
② お得意のダイナミックな疾走曲。しかし微妙にしょっぱい。。
③ 中盤の展開の変化が強引。全体的にはいいんだけど、おしい。
④ アクアのテーマを感じる佳曲。
⑤ く、苦しいよ、エドゥ。 どうした ^^;
⑥ ~ ⑨あたりの曲らは んー。ANGRA。どうした ^^;
⑩ 荘厳なピアノを中軸に据えた曲。ラストだしもう少し広げてもよかった?



このジャケは名盤の予感がしたんですけどね ^^; 残念。

【81】

スポンサーサイト

OZZY OSBOURNE / ScreamPageTopAVENGED SEVENFOLD / Nightmare

Comment

私も今作は試聴まではしたんですが、スルーしました。
くしくも、B!誌の評価通りのアルバムだと私も感じましたね。
とくに最悪だと思ったのがやはりエドゥの歌声でありまして、この
クオリティでも商品として出してしまうのかと、少々悲しい気持ちに
すらなりました。もっとプロ意識が欲しいですよね。メンバーだって
エドゥの声が全盛期とは大違いであることは分かっているはずなので、
メンバー全員が同意してこの作品をリリースしたことになりますからね。

これはさすがに、インストが素晴らしいバンドとは言え、歴代ヴォーカリスト
やエドゥもそうですけど、歌の素晴らしさでも売ってきていたバンドだけに
悲しい結果ですね。

思えばこの兆候は前作Aurora Consurgensからすでに始まっていたわけですが、
今作でしっかりと軌道修正できなかったことはバンドとしては致命的ですね。
私はアングラ大好きでしたが、今作、前作と裏切りの連続にはさすがにバンド
自体を嫌いになりつつあります。

まずはエドゥをなんとかするべきだと思います。もう声が出ないなら脱退
してもらい、他を探すべきでしょう。エドゥのおかげで楽曲作りも少なからず
その歌声に合わせたものになっていることは間違いありませんからね。

To : メタラーまっちゅさん

こんにちは。いつもコメント&連投ありがとうございますw
2つめと3つめのコメントは削除しておきました。

まっちゅさんも、このアルバムにはよくない評価を下しているのですね。
とくにエドゥの歌がひどかったですか。同感ですね。
しかし彼のような実力派ヴォーカルがいったいどうしてしまったのでしょう。。
まだ若いですし 喉自体の衰えというのも考えにくい気がするのですけどね。非常に残念です。
まっちゅさんの仰るとおり ANGRAはインストもヴォーカルも魅力的なバンドとして認知されていますから、これでは満足されないのも当然ですよね。

今作はセルフプロデュースというのも、よくなかった要素のひとつだと思います。
やはりそこはその手のプロフェッショナルにまかせてほしい。。この音像からは明らかかと。

前作からの軌道修正。そうなんです。
彼ら程のミュージシャンであれば 今作でしっかりとファンの求める形を提供してくれると思っていたので その裏切りも残念な気持ちを増長しています。
まっちゅさんは バンド自体を嫌いになりつつありますか。。
「家宝」と言えるほどの作品を創りあげたバンドなのに、なんとも複雑な気持ちでしょう(;_;)

ヴォーカリストの交代というのもひとつの選択ですね。
彼にはアルマーもあるし、案外人気を得ているらしいですから。
でもつい最近のインタビュー記事で 「僕の一番のプライオリティは常にアングラだから」みたいなことを言っていましたよ。。orz まぁ他のメンバーがどう考えるか、次第ですが ^^;

うーん。キコ・ルーレイロは結構好きなギタリストなので頑張ってほしいです。

はじめまして☆

07年にこの人たちのライヴを観に行ったのですが、
(当時の)新作からは
あんましプレイされませんでした。

新しくまたライヴDVDが出たらなぁ・・・
と思っている今日この頃。

今度いつ来日ライヴやるのか知りませんが、
おそらく、この作品からは
あんましプレイされないと思われ・・・。

SaintVoxさん、はじめまして(^^)

コメントありがとうございます。

07年当時の新作ということは「Aurora Consurgens」のときですね。
新作からあまりプレイされなかったということは、ベスト的な選曲だったのでしょう。
それはそれでかなり楽しめそうですね。エドゥが唄う初期の曲も聴いてみたいですし(´∀`)

今度の来日ライヴ? ってまたタイムリーなw
それって今日ですよ! LOUD PARK 10 に出演します。
そしてこれから 私も行ってまいります♪
SaintVoxさんの 仰る様に この作品からはあまりプレイされないと、、いいなw

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://nara2014.blog58.fc2.com/tb.php/228-e1413451

アクセスカウンタ

オンラインアクセス

カレンダー

来てくれてありがと

たけちよです。
よかったらゆっくりと していってください。

今回であなたは

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ランキング

気が向いたらヨロシクです。

つぶやき

ローテーション

Helloween _ 7 Sinners Halford _ Made Of Metal Kamelot _ Poetry for the Poisoned Firewind _ Days of Defiance Iron Maiden _ The Final Frontier Blind Guardian _ At The Edge Of Time Paul Gilbert _ Fuzz Universe Marty Friedman _ Bad D.N.A. Unruly Child _ Worlds Collide Salute _ Heart Of The Machine

ブログ内検索

相互リンク ブログ
リンクいろいろ
ブログスカウター

ブログの戦闘力(?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。