スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタル耳のススメ vol.21

2010/01/29(Fri) 22:01

はーい!どーも。たけちよです。

風邪で喉が痛いですが
今夜も始まりました「メタル耳のススメ」。

前回のライブ盤特別編をはさんで 第21回目となりました!

ライブ盤は聴いてみましたか?
トライしてみたあなたも
既紹介のスタジオ盤を聴いていたあなたも

だいぶHR/HMの世界にも
慣れてきたんではないでしょうか (o^-')b


そんなあなたに今回は、コレ、です!

JUDAS PRIEST _ Defenders Of The Faith
JUDAS PRIEST / Defenders of The Faith (1984)


そう。ジューダス・プリースト

ついにきました。

言わずと知れた メタルゴッド です。


ヘヴィ・メタルの創始者です!





メタル耳を持つものを名乗るには、絶対に避けては通れない道。


心して臨んで下さい。









なーんて。事は言いません (´∀`)



なぜなら私のジューダス・プリースト初体験は
このアルバムでしたが、
てーんで聴けませんでしたから (^^;ゝ


今でも覚えていますね。
アレは まだメタル然としたものは それほど聴いていなく
AEROSMITHMR.BIG 等を好んで聴いていた頃だったかと思います。

関連記事:メタル耳のススメ vol.5 MR.BIG IN JAPAN
関連記事:メタル耳のススメ vol.6 エアロ"甘酸っぱい青春"スミス


行き付けのレンタルCD屋から 今週もいろいろ借りてきては
MDに録音していた ハイスクールボーイの私。

その中の1枚に このアルバムがありました。


雑誌の情報等で 歴史的名盤というのは知っていました。
「へんなジャケットだなー」 と思いながら
CDを聴きはじめ ライナーノーツを熟読していきます。

ライナーノーツを読み終わってしまい、日本語訳に目を通します。
日本語訳に飽きたら ふと となりにあったBURRN!誌を 読み始めます。。




んー。何曲目までいったでしょうか。




まったく耳にひっかかりません ヽ(´¬`)ノワ~イ


次々と曲がそのまま耳を通り過ぎて行きますw





しかし、5曲目 "Love Bites"は違いました。。( °Д°)!







うわ、なんだコレ! 気持ちわるっ。




そして、後の曲々は 1コーラスで
足早に「次へ」ボタンを押されていったのでした。。

(´Д`;





と、最悪の出会いとなった メタルゴッドと私。



しまいには MDに録音せずに店へ返却 しました (´∀`)







なんて話を書いちゃいましたが、大丈夫です ^^;
安心して下さい。

今のあなたは当時の私よりも 全然 メタル耳が育っていますので
名盤とまで感じなくても 十分、楽しめるはずです。

少なくとも
まったく耳に引っ掛からないということはありません。
約束します。


特に 私が聴いて欲しいのは

①~⑤、⑧⑨あたりですが、もちろん自由に聴いてもらってかまいません。
自分で気に入った曲だけよく繰り返し聴いて下さい。

気に入らない曲は無理に聴く必要はありません。
(どーーん)




今の私だから言いますが、
このアルバムは 歴史的名盤 です。

あなたも近いうちにそう思う日が必ずきますから。

最近のメタルのように へヴィでゴージャスなサウンドでは無いですが
その根幹と言えるシンプルな 真の正統派メタル を存分に堪能して下さい (´ー`)

では 今日はこんなとこです。
また次回まで、メタル耳を着実に育てていきましょ~ (^-^)/~

スポンサーサイト

一期一曲 Track.21PageTopWIG WAM / Non Stop Rock 'n' Roll

Comment

とてもとても自分にはスルー出来ないアルバムです!
プリーストの中でも、自分ランキング栄えあるナンバー1!
メタル耳になるためには必聴ですね♪
Freewheel BurningとThe Sentinelはコピーしまくりました♪
せ~んつぇのうっ!♪(*゚∀゚)ノ

しかし、最初は興味が湧かなかったっていうのは意外ですね!
まあ、自分も高校はB'z中心に邦楽しか殆ど聴いてないですからねw
Love bitesが気持ち悪いwwwなんか分かりますww

おこんばんは~

神をも恐れぬ発言ですが、正直私は今作をあまり好きじゃないんです・・・。
ホント辺りが凍りつくような発言ですね。
いや、嫌いではないんですよ。ただそれほどでもないというだけで。

Freewheel Burningなんかは私も良くコピーしましたし、大好きな
一曲ですよ!こりゃあ、間違いなくカッコいいですよね~
この一曲だけのために今作は買ったっていいですよね。
それくらい
Freewheel Burningはカッコいい!

今作をもっと好きになれるように努力します・・・

HELLOWEENとか、割とスピーディーなへヴィメタルを聴いて
「メタルってこういうものなんだ!」と思ってしまったならば、
いくら名盤とは言え、確かにこのアルバムは厳しいでしょうね。
30年くらい前のアルバムですから
ある程度は昔のHR/HMがどういうものかを知った上で
聴くことが要求されるとは思います。

正直、私も最初は"The sentinel"以外は
あまり印象に残らなかったですし、サウンド的に
軽く感じるといくら曲が良くても、
その魅力が伝わりにくいですからね。

久しぶりに、このアルバム見ましたが、
あらためて、よ~く見てみると…
変なジャケット…。
ちょっと笑ってしまいましたwww。
こういう見方したのは初めてだったんで~。

何故だろ…あまりJUDAS PRIESTにはまってない俺…。

ああ、このアルバムは・・・

ジャケに描かれてる絵は、「メタリオン」君というキャラクターで、後に「SCREAMING FOR VENGEANCE」の、空翔る HELLION 君と、ちょうど対になる存在として J.PRIEST の中では重要な位置を占めているんですよね~~~(苦笑) 一応 B誌の臨時増刊号のタイトルは、このメタリオン君が由来になっているわけですし。
 ・・・でも確かに、この絵は・・・・・・ 確かにアレですよね~、目がつぶらなのがいけないのかな?(爆)

1.~4.と 8.は、激性と美的感覚が見事に和合した、マスト曲でしょうね。 やはり、リマスター版を新たに買う方がいいのかな、音質も上がるし、特典として数曲付いてくるし・・・。

 あ、そういえば、これって'84年に出てるけど、B誌で何とかギリギリ間に合ってレヴュー受けてるのかな? なんて事も思ったり。。。

それでは。



 あ、念のため言っておきますが、前のあの危険な発言内容は、自分の所で書いたDFの、B誌(+増刊M14)から引用してきたインタヴュー記事(entry234 の、赤字部分)を基にした“ネタ”ですので、あしからずw

koumeiさん

こんばんは!
おおぅ、koumeiさんプリーストランキングNo.1ですか!
僕もこれはかなり上位、1位かもしれんですね (´∀`)
Freewheel BurningとThe Sentinelをコピーですか~。いいですね~♪
僕はHR/HM初期の頃は、ジューダス、メイデン程度(?)のメロディじゃ全然引っ掛からなかったですねー^^; 恥ずかしながら。"Love bites"は、お?いいメロ? ってふと思ったんですが、、ダメでしたwww
それが今では悶絶アルバムと化していますから、不思議なもんです。

メタラーまっちゅさん

おこんばんはで~す(^^)

ほえっ!? まっちゅさんは今作を好きではないのですかー。
まっちゅさんのようなメタル耳の持ち主がコレは意外ですね。
あー、でもわかります。嫌いではないんだけど、回りが言う程良いとは思わないってことですね。僕も結構そういったアルバムはあります ^^;
いやそういう意見はわりと好きです。ありがとです(^^)

"Freewheel Burning"はやっぱりギターがいいですもんねぇ♪まっちゅさん一押しなのも納得です。僕の一押しは"Jawbreaker"。コーラス部のシャウトとリフの絡みが溜まりません♪
①②④曲目は「この一曲だけのために」買ってもイイと言っていいアルバムだと思います!それが、3曲もなんて、、( °Д°) 驚愕。

メタリストさん

まさに僕はHELLOWEENをよく聴いていた頃なので「昔の音源なんだ」というフィルターを通したつもりだったのですが、当時は無理でしたw
僕がこれを聴いたのは1995年くらいだったと思いますが、1984年から10年でサウンド作りや録音技術が飛躍的に向上したのでしょうね。音の寂しさには少し閉口ぎみでした ^^;

メタリストさんも最初は"The sentinel"以外はあまり印象に残らなかったですか~。
やはり皆さんツワモノになるまでいろいろ歴史がありますよね(´∀`)

hirokwaiさん

ジャケット、変ですよね~(^^)
なんか僕はあの前足が滑り台みたいに見えてしまって。。w
案外笑えますw
ほえ~、hirokawaiさんは あまりジューダスにはまっていなのですか。それは初耳でした。
あれだけコアなものに手をだしてるのに意外ですねw

Re: ああ、このアルバムは・・・

えw 「メタリオン」君ていうんですか w
しかもあっちはヘリオン君なんですね。それは知りませんでした ^^;
さらに増刊号のMETALLIONはそっからきてるんですかwww
いやー博学ですね(^^) ためになりましたw

これクラスの名盤ならリマスター買いなおすのも全然ありですよね。僕はこないだ「ペインキラー」のブルーレイスペックCDを買いましたよ(^_-)
あー84年か。BURRN!誌のレビューはどうなんでしょうね?でも何かと名盤と取り上げられてはいますね。

「DEFENDERS OF THE FAITH」はBURRN!でレビューはされていませんね~。ジューダスのレビューは「TURBO」以降になってます。
ちなみにオイラもジューダスの初経験はあまりピンと来なかったな~。確か「SAD WINGS OF DESTINY」だったかな。で、ずっと経ってメタル耳が育ってから「PAINKILLER」を聴いてようやくジューダスのすごさがわかったわけですが^^;
まあ名盤=入門向け、ではないということでしょうかね~。

こんにちは^^

ジューダス・プリーストの良さがいまいち私には分らず
(^_^;)
でも確かこの後の復讐の叫びは良かったです。
が・・・どうしてもVoの声質が好きになれませんでした。

レコードの頃はこうしたアルバムジャケットを見るのも楽しみの一つですよね。
CDでは迫力も半減してしまいます。
アイアンメイデンのアルバムジャケットなんか隅々まで目を皿のようにして見てたものです。
そしてお気に入りはインテリアとして飾って置きました。
よく家族に気持ち悪いと注意されてましたっけ(^^ゞ

確かに彼らのアルバム、これが初めて買ったアルバムです。
…けど、何でしょうね~ピンとこないのわ(>_<)
『Hell Bent For Leather』なんかは今でも聴きますけどね~。

う~んブルドーザからメタリックな怪物が…

こんばんは。
僕は「PAINKILLER」が初でした。いきなりのドラムのイントロで一発で虜に。
その後「Screaming for Vengeance」「British Steel」と聴いていきました。
このアルバムも好きです。ジャケはあんまり・・・。
最初に聴いたアルバムにもよるかな~って思ったんですが。
最初にこのアルバムだと僕もピンとこなかったかも。
ロブの声も特徴ありますから好き嫌いわかれるかなぁ~って思いました。

きゃ~!

私のロブに何てこと言うんですか!
と言うのは冗談ですが(笑)私も初めては背徳でしたよ~。でも聴いたのが198X年位なので普通に聴いてましたw今でもipodに入れてます。今はBRITISH STEELばっかり聴いていますが昔はTURBOやPAINKILLERばかり聴いてた時もあったので、時代によって自分の好みも微妙に変わったりしてるのかもしれないです。
ボーカルは違いますがジャギュレイターも好きですねぇ。。
個人的にはPAINKILLERの時のメンバーが一番好きです。ドラムのかっこよさが全然違うと思います!

一志さん、こんばんは~。

「DEFENDERS OF THE FAITH」はレビューされていませんかー。
ぎりぎり間に合わなかったみたいですね。
しかしよく知ってますね!
おおぅ、一志さんもジューダスの初経験はあまりピンとこなかったですか。やはりメタル初心者の頃からトライしてますよね~。僕もこの記事頃からずっとあとに「PAINKILLER」等で聴けるようになって、旧作もとても気に入って行きました!やはり聴けるようになるには それなりに訓練が必要ですよね ^^;

「名盤=入門向け、ではない」まさにそのとおりですね!
雑誌等で名盤名盤と囃し立てられるとつい初心者が手をだして「どこがいんだ?俺にメタルは向いてない」になりかねないか心配です(´Д`;

ちびちょろさん、こんばんは!

ジューダス・プリーストの良さがいまいちって方は 実は意外に多いかもしれません。ジューダスはたしかにメタルの先駆者ですが案外時代性に左右されて作品毎のばらつきも大きい方ですよね。僕はやはりジューダスといえども一般的に名盤とされている数作をおすすめします(^_-)
Vo、ロブ・ハルフォードの声質ですかw たしかにこれは特徴的ですからね! 僕も最初はダメな方でした。今は慣れちゃってマヒしてる感覚に近いかもですね ^^;

僕はCD時代の人間なので レコードのジャケットの話を聞くと羨ましいな~といつも思います。やっぱりあの大きなジャケットが手元にあると迫力ありますよね~(´∀`) 過去の作品にはそういう力のあるジャケット絵も多い気がします。
ああ~、いいですねぇ。メイデンのジャケットw CDなんかでみるのと全然違うんだろ~な~。
飾りたくなるのもよくわかります。でもご家族のリアクションが一般的には正しいんでしょうねw

hirokawaiさん、こんばんは!

hirokawaiさんもこれが初めてでしたか!
『Hell Bent For Leather』は聴くという事は ジューダスそのものじゃなくてこのアルバムは苦手なのかもですね~。

え?ブルドーザからメタリックな怪物!?
まさに TANAKA IS BACK! じゃないですかwww

敏紫さん、こんばんは!

敏紫さんは「PAINKILLER」が初でしたか~。
やられますよね~!あの入りのドラムには!
そしてあのロブのシャウトですからね!(^_-)
「Screaming for Vengeance」は僕もこのアルバムと対をなして好きですね~。もちろん「British Steel」も大好きですが(^^)

ジューダスの様に歴史の長いバンドは 聴くアルバムによってだいぶ印象も変わりますよね。僕はこのアルバムでほとんど耳に引っ掛からなかったですが、「PAINKILLER」だったらたしかにイントロでKOされたかもしれませんw いやまだそこまでメタルは聴けなかったかな^^;
ロブの声はメタルが聴けない人にはアウトですよね。聴ける人でも好き嫌いわかれるかもしれませんね(^^)

callitameさん、こんばんは!

callitameも初ジューダスは背徳の掟でしたか!
198X年位て私ただのハナたれ小僧なんですが。。orz
やはりリアルタイムで聴くと大分印象や思い入れも違うのでしょうね。羨ましいです(^^)
ジューダスは案外いろんなスタイルのアルバムが楽しめますからねw ティム・リッパー時代の作品も僕は意外と好きです。callitameさんの微妙な好みの変化にも対応してるとはさすがジューダスですねw
「PAINKILLER」ではやはりスコット・トラヴィス<ds>のプレイが光りますよねー!彼の加入で過去作とはまた違ったダイナミックなメタルへ進化したと思います!

はじめまして。
通りすがりですが、あまりの驚きにコメントしてしまいますっ!
この名盤が若い人には物足りないのですね~。
ほんっとうに驚きです(><)

たーぼさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
返信が遅くなり申し訳ないです(>_<)

随分驚かせてしまったみたいで、すみませんw
今の若い人にはもの足りないかもしれないですねー。
サウンドプロダクションの面なんかとくに。。当時の私でさえそう思ってしまいましたからw 現代の音になれている方はなおさらでしょう。。
でも本当の意味でヘヴィ・メタルが聴けるようになると、この名盤の素晴らしさが染みこんでくるとは思います。そういう意味でもこのアルバムを「メタル耳のススメ」という企画で紹介させてもらったのでした(´∀`)

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://nara2014.blog58.fc2.com/tb.php/175-58092a31

アクセスカウンタ

オンラインアクセス

カレンダー

来てくれてありがと

たけちよです。
よかったらゆっくりと していってください。

今回であなたは

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ランキング

気が向いたらヨロシクです。

つぶやき

ローテーション

Helloween _ 7 Sinners Halford _ Made Of Metal Kamelot _ Poetry for the Poisoned Firewind _ Days of Defiance Iron Maiden _ The Final Frontier Blind Guardian _ At The Edge Of Time Paul Gilbert _ Fuzz Universe Marty Friedman _ Bad D.N.A. Unruly Child _ Worlds Collide Salute _ Heart Of The Machine

ブログ内検索

相互リンク ブログ
リンクいろいろ
ブログスカウター

ブログの戦闘力(?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。