スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタル耳のススメ Vol.18

2009/12/06 (Sun) 22:59

こんばんは!
メタル耳のススメ第17回、たけちよです。
珍しく夜に登場~ ヽ(´¬`)ノ

さて、この前から3回連続で
メロディックな疾走系メタル
を聴いてきました。

もしかしたら少しお疲れ気味かもしれませんね w

さて、今回は 休憩というわけではありません
第1回紹介の BON JOVI の近年のアルバムを聴いていきましょう。

BON JOVI _ Have a Nice Day
BON JOVI / Have A Nice Day (2005)


近年といってももう、4年前か。。^^;

既出のアーティストを取り上げるのは初めてですね。
もちろん今まで取り上げてきたバンド達は
ほとんどが数々の名作を産んできたツワモノたちです (´∀`)

気に入ったバンドなら当然 他の作品も聴きたいですよね。
安心して下さい。

全てというわけにはいきませんが、
気持ちよくメタル耳を育成していくうえで
重要な作品はもちろん取り上げていきます。


"メタル耳"という言葉は
単純に重い音を違和感なく受け入れることのできる耳を
指しているわけではありません。

HR/HMの魅力は 言わずもがな、それだけではないからです。
いやむしろメロディにこそ最大の魅力があると私は考えます。

ヘヴィでハードなサウンドを聴けるようになるのと同様、
メロディに対する感受性も鍛えていきましょうね(´∀`)




さてさて、前置きが長くなってしまいましたが

ボン・ジョヴィの魅力はもうあなたもご存知のとおりです。
しかし 最近のBON JOVIには「Slippery When Wet」の頃とは
また違った良さがあります。


お恥ずかしい話かもしれませんが、
私はこのアルバムを 発売日に初めて自宅で聴いたときに
あまりの出来の素晴らしさに
聴き終えるまでに 泣いてしまいました^^;


ともすれば、
HR/HMというジャンルにどっぷりつかる人間として

「ボン・ジョヴィが好き」と公言するのは

「俺はヘナチ○野郎だ」

と言っているようなもので (例えが悪いですね。。)


メタラー諸君の中では、変ないい方ですが

舐められかねない のです。
(○ナチンの方が舐めてもらえるというのも ちょっと変ですか。。
 いや!ヘナ○ンだからこそ舐めて大きく固... すみませんもういいですね。)


しかし私は
常にボン・ジョヴィが一番好きなハードロックバンド
だと言い続けてきました。


つまり、何が言いたいのかというと

ボン・ジョヴィが好きでよかった。


本気でそう思わせてくれたアルバムなのです。涙が出る程に。

それほど優良な楽曲達が息づいてる作品なのです。


①曲目"Have a Nice Day" は ボン・ジョヴィお得意のキラーチューン。
②曲目""は、、、

いや、こと細かく各楽曲にふれる必要はないですね。。


ちなみに28歳の大の男を泣かせたのは
ラストソングの"Story Of My Life"。
(もちろんアルバム全体の素晴らしさを感じたからですが)

未だにウルウルくることもあります ^^;

だって、
ボン・ジョヴィという人生のストーリーですよ、、(T_T)


それはジョンやリッチー、バンドメンバー達を指すのはもちろんのこと
バンドのファン、そしてなにより私自身を表しているからです。。


ああ、いかん。
ただのボン・ジョヴィFANになってました w





それでは次に聴くのはあなたの番です。

リアルタイムで聴いた感覚とは 違うかもしれません。
しかし、あなたには
早い段階でこの作品に触れて欲しいと思いました。

メロディに対する感覚も磨けば研ぎ澄まされていきます。
以前は良いと思わなかったメロディも
磨けば必ず気持ち良く聴けるようになりますから。

BON JOVI のメロディセンスは私が保証します。



さて、どうでしょうか。

もしかしたらメロパワに慣れてしまって
ちょっとモノ足りないなんて思ってないでしょうね?

それではダメですw
私はあなたをメロスパーにするためにここにいるわけではありません。

メロスピはもちろん、ポップ・ロックと言っても差し支えの無いものや
へヴィでアグレッシブ、デスヴォイスが登場するものまで
いろいろな様式を 楽しんでもらいたいと思っています。

いや絶対にそうなれます。
そして私と一緒にHR/HMの世界を楽しみましょう (´∀`)

ではでは、
また次回までこのアルバムをしっかり聴き込んで下さいね (o^-')b

スポンサーサイト

STATUS MINOR / DialogPageTop一期一曲 Track.12

Comment

フフフ…BONJOVIですね(*^_^*)
「HAVE A NICE DAY」最高です!
LIVEにいったりと思い出の1枚です。
BONJOVIが1番好きなバンド、好きでよかったと言ってくれたたけちよさんに感動しました(;_:)
私もそう思う1人です。
これからもずっと1番です!

BON JOVIに対する通ぶったメタラーのそういう
妙な差別意識は確かにあります。
多分、楽器奏者にとっては特別に何か面白いプレイをしている訳ではなく
歌メロを中心に作られたバンドである、という
イメージからJ-POPよりの「初心者向けHRバンド」というブランドが
あるのでしょう。

実のところ、私もそういう気持ちが1%も無い訳ではなくて
十年くらい前はそういった思い込みがあり、そのことから恥ずかしながら
今でもオリジナルアルバムは"KEEP THE FAITH"しか持っていません。
ベストをCD-Rに焼いてもらったものを
持っており、大体のヒット曲は知っているんですけどね。

そろそろそういう偏見を捨て、
彼らのオリジナルアルバムをここで紹介された"HAVE A NICE DAY"を
はじめ、集めようと思っています。
でないと、勿体無いですからね!

TO : ままあやさん

ままあやさんは「HAVE A NICE DAY」のツアーに行ったのですか~。
いいですね(^-^)

感動だなんてありがとうございます。
BON JOVI はもう自分の中では別格です ^^;
初めてHR/HMの魅力を教えてくれたのが彼らですし
いろいろなモノを聴いて来て、結局彼らに戻って来ました。
しかも未だにシーンのトップに立ち続けているバンドは他にありません。

今後も一緒に応援していきましょ~(^-^)/

TO : メタリストさん

まさに仰るとおりで
メタラーにとってメジャーで一般人に受けのいい
BON JOVIは「初心者向けHRバンド」で
"女子供の聴くもんだ"的な風潮はありますよね。

「メタル通=アンダーグラウンド」という感覚が気に入っているからだと思います。
実際僕もそういう感覚は理解できます。

メタリストさんのようなどっぷりHR/HMにつかった人が
これからボンジョヴィのアルバムを聴いていくなんて面白いですね!
「そろそろそういう偏見を捨て」だなんて
なかなか思えるようなことじゃないと思います(^-^)v

ちなみに"KEEP THE FAITH"は僕が初めて買ったHR/HMのアルバムですw

昔職場の女の子が好きで聴いてると言ったので
「私もborn to be my baby(だったような・・)辺りまでは聞いてたよ」って言ったら
「私その辺は知らないんです~」って言われちゃいました。(笑)

僕の場合、"佳い音楽は佳い"。
B級マニア級のヘヴィ・メタルも聴きますが、
やっぱりBON JOVIは"佳い"!!
アーティストとして、凄く"尊敬"できる存在。
『KEEP THE FAITH』以前に解散していたら、
"Slippery When Wet"が大ヒットした
単なるロック・スターで終わっていたんだろうけど…
そこで、道が途切れなかったことが
"真のロック・アーティスト"になったと、
思っています。

callitameさん

"born to be my baby" も知らないような
新しいファンもいるのですね。
それは驚きです (@_@;

今のは好きだけど昔のまで追求して聴く気はないような
音楽にそれほど関心がない人
にも浸透してるのはさすがBON JOVIですね。

TO : hirokawaiさん

hirokawaiさんも"佳い"と思っているのですね(^-^)

仰るとおりでBON JOVIは
アイドルやロックスター的なビジュアル面が先行してしまうので
アーティスティックな部分に目が行かない人も多いと思うんですよね。
年くっていい味も出て来てるし
このまま仲良く活動を続けてほしいです。

『THE CIRCLE』を聴いて、
BON JOVIは、長続きするバンドだなって感じました。
"余裕"が感じられますから。

アイドル的存在から、真のアーティストになったと思います。
"アイドル"のまま、解散してたら…
彼らの評価は、今とは全く違ったものだったと思います。

BON JOVIってバンドは、人間的にも素晴らしい!!

hirokawaiさん

BON JOVIはなんかメンバーがファミリーって感じしますもんね。
長続きしてくれますよね。

あのまま解散しなくてほんとによかったと思います(^_-)

第1回の記事も見させていただきましたっ同意に尽きます!!
このアルバムは自分も前々から再考して欲しいと願う一枚です!

しかし、あなたはアレですよ!(ボキャブラリー少)
歳ももしかしたら同じですし、B'z・WANDSからBON JOVI
も同じですし
FAIR WARNINGもアレですし・・・あっシモはそんな言わ・・・
違う変態にはなりたいですがwww
自分に近いですな!・・・えっめーわく?(;゚∀゚)

BON JOVI IS 『THE STORY』!まさしくです!
もう、男達・・・いや、これこそ『漢達』の音楽!
ヘナチ○とか誰にも、言わせねぇ~よぉ!!!
(  `・ω・´  ) ノ

とはいうものの、どうしても自分の一番は
VAN HALENで譲る事は出来ない現実があったり(;゚∀゚)違うじゃん

koumeiさん

第1回の記事まで見て頂いてありがとうございます!

このアルバムは世間一般ではどうなんでしょう。
あまり気にしたことはなかったのですが、
自分の回りではすこぶる評判はいいですよ。

変態になりたいkoumeiさんに近い。。。
いや迷惑だなんてとんでもない!
それはもう、なんていうか、、アレですよ! アレw

VAN HALEN ですか。いいですね。
koumeiさんはギター弾きですしね。
僕はそれほどVAN HALENには入れ込んではいないのですが
(もちろん好きなバンドではあります)
好みが近い中で違うモノがあるのがまたいいですね (^_-)

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://nara2014.blog58.fc2.com/tb.php/138-720b3223

アクセスカウンタ

オンラインアクセス

カレンダー

来てくれてありがと

たけちよです。
よかったらゆっくりと していってください。

今回であなたは

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ランキング

気が向いたらヨロシクです。

つぶやき

ローテーション

Helloween _ 7 Sinners Halford _ Made Of Metal Kamelot _ Poetry for the Poisoned Firewind _ Days of Defiance Iron Maiden _ The Final Frontier Blind Guardian _ At The Edge Of Time Paul Gilbert _ Fuzz Universe Marty Friedman _ Bad D.N.A. Unruly Child _ Worlds Collide Salute _ Heart Of The Machine

ブログ内検索

相互リンク ブログ
リンクいろいろ
ブログスカウター

ブログの戦闘力(?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。