スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一期一曲 Track.7

2009/11/15(Sat) 09:51

こんちは~。
久しぶりに7時間寝たけど まだ身体が
鉛の様に、いやメタルの様に重いたけちよです w

起きて早速今日の予定だった1曲を紹介します。
一期一曲、第7回目です。

"Fanfares Of Love" ZENO


まずはポチって再生をどうぞ (´∀`) 今ここで聴かなかったら、
もう一生聴く機会は無いかもですよ!


再生した瞬間に壮烈なギターが空間を埋め尽くす
至高のメロディアス・ハードナンバー。

このジーノ・ロート< g >は 年齢を重ねれば重ねる程
激情に弾きまくる 稀代のギタリストで

特にこの "Fanfares Of Love"、
オープニングからソロ、エンディングにいたるまで
流麗にメロディックに構築されたギターフレーズが
前面に押し出され まったくの隙間無く埋め尽くされています。


ヴォーカルメロディもキャッチーで疾走する
1曲の楽曲としても超一級品。

普段あまりギターに耳がいかない方でも
このギターワークには魅了されることうけあいです (´∀`)

①曲目、アルバムのオープニング!


8年振りのリリースとなった3rdフルレンスアルバム。
ZENOのギターに惚れた方、必聴です。

スポンサーサイト

メタル耳のススメ vol.16PageTopHR/HM 雑記

Comment

すいません初コメ・・・?だと思います。
自分もこの辺りの叙情派大好きです!

ウリ仙人よりパワーがあってZENOのほうが自分は好みですねw
そういえばListen to the lightとzenologyしか持ってないんで
そろそろZENO掘り下げたいなと思いましたっ
やはりイイ曲書きますよねぇ・・・(ノ∀`)

Fair Warningも書かれてるんですね?
自分も今度記事にするつもりです!
2週間後くらいですがww

こんばんわ!


koumeiさんも叙情メロディックロック好きですか!

ジーノ・ロートはロックしてくれますからね~。
やはり兄と被らないことを意識してるのかな?
自分にとっては嬉しいことですがw

Listen to the light と zenology 名盤ですね~。
私はやはりZENOにはマイケル・フレクシグが合っていると
思うので この"Fanfares Of Love" は彼に歌って欲しかったです。

Fair Warning だけ全アルバムレビューしましたw
自分にとっては特別なバンドなので。

Koumei さんの記事も楽しみしてますね (^-^)/~
たとえ評価が違ってもいろいろな人の好みを見るのは楽しいですからね♪

こんばんは!

私もジーノ大好きですよ!
Listen to the lightは私の家宝とも言えるほどの名作です!

Fanfares Of Loveは楽曲単位では好きなのですが、この楽曲収録の
ランウェイ・トゥー・ザ・ゴッズはそこまではまれませんでした。
やっぱり1st、2ndがあまりに良すぎましたし、この3rdには
過度の期待をしすぎたせいもあるとは思いますが・・・

またマイケル・フレクシグと一緒にもやってほしいですね~
トミーハートも楽曲によっては悪くないですが。

こんばんは!


メタラーまっちゅさんはきっとZENOが好きだと思っていました (^-^)v

しかし「Listen to the light」が家宝とも言える程 お好きでしたか!
僕も何か家宝にしたいな~。

このアルバムは 出してくれただけでも嬉しいものでしたが
個人的にはマイケル・ボーマンのVoにずっこけた感がありました。
(結構 評判がいい意見もありますね。)

1st、2ndはやっぱり素晴らしいですよね。
でも僕はZenologyシリーズも凄く好きだったりします (^-^)

こんにちは。
「RUNWAY TO THE GODS」といえばこの曲!ですよね。ZENOがここまで疾走感ある曲を演ってくれたのが嬉しい驚きでした。ZENOといえばやはり1stのインパクトが大きいです。次回作は8年ぶりと言わず、その半分くらいのスパンで出して欲しいのですが、BURRN!のインタビューで「書き溜めた曲はもうない」みたいなことを言っていたので気長に待つしかないですね…。
フレクシグの神々しいハイトーンも好きですが、僕はどちらかというとマイケル・ボーマン派だったりします。

よしよさん、こんにちは。


> ZENOがここまで疾走感ある曲を演ってくれたのが嬉しい驚きでした。

そうなんですよ~。
普通 年老いるとどんどんソフトでスローな方向になる傾向があるじゃないですか。
それなのにこのオープニングナンバーには度肝を抜かれましたよ。

ZENOはやはり1stですよね。BURRN!誌で98というのも伝説の1つでした。

しかしジーノ・ロートに書きためた曲が無いと言われると相当先、、
というかもう出ないんじゃないかと、心配になります ^^;

よしよさんはボーマン派でしたか!
ボーマン派の方もかなり多いですよね。
私はマイケル・ボーマン自体は好きなのですが、
私的ZENOとしてはフレクシグ派です (^-^)

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://nara2014.blog58.fc2.com/tb.php/115-b6dc5b0d

アクセスカウンタ

オンラインアクセス

カレンダー

来てくれてありがと

たけちよです。
よかったらゆっくりと していってください。

今回であなたは

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ランキング

気が向いたらヨロシクです。

つぶやき

ローテーション

Helloween _ 7 Sinners Halford _ Made Of Metal Kamelot _ Poetry for the Poisoned Firewind _ Days of Defiance Iron Maiden _ The Final Frontier Blind Guardian _ At The Edge Of Time Paul Gilbert _ Fuzz Universe Marty Friedman _ Bad D.N.A. Unruly Child _ Worlds Collide Salute _ Heart Of The Machine

ブログ内検索

相互リンク ブログ
リンクいろいろ
ブログスカウター

ブログの戦闘力(?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。