スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一期一曲 Track.32

2011.02.19(Sat) 07:23

毎度おひさしぶりです。I'm たけちよ。

一期一曲、第32回。

"Speak for Yourself" GARY MOORE


まずはポチって再生をどうぞ (´∀`) 今ここで聴かなかったら、
もう一生聴く機会は無いかもですよ!


少し前の話題になりますが
ロック・ブルーズ界 至宝のギタリスト ゲイリー・ムーア が亡くなりましたね。

近年のブルーズ・アルバムはほとんど聴いていない私ですが
彼のロック時代のアルバムには
何度となくエキサイティングさせられてきました。

もう一度ハードロックをやってくれないかなぁ、
常々思っていた次第でしたが。。


この曲は 彼の数あるハードロックの名曲 の中でも
最も私の好きな曲のうちのひとつです。
(最高ランクで好きな曲がどう少なく見積もっても5曲はあるけどw)

最高ランクのハードロック名曲がここにも... : 関連記事へ


食わず嫌いのHR/HMファンの方がいたら 特にお勧めしておきたいです。
彼の数々の名曲を 今後も取り上げることになるのは間違いないでしょう。。

R.I.P. Gary Moore

スポンサーサイト

一期一曲 Track.31

2010.11.05(Fri) 06:12

FRONTIERS RECORDS の本国 イタリアでは
11月5日、本日 発売されますね。

ALLEN・LANDE の3rdアルバム「The Showdown」。


2007年にリリースされた「The Revenge」以来 約3年振り。
私としては非常に楽しみにしているアルバムであります (´∀`)

マグナス・カールソン< g > の極上のメロディアス・ハードを
HR/HM界を代表する実力派ヴォーカリストの二人、
ラッセル・アレン (SYMPHONY X) と ヨルン・ランデ (MASTERPLAN) が
魂を込めて歌い上げる 逸品。

フックのある 普遍的なハード・ロック/ヘヴィ・メタル好きには
堪らない注目のプロジェクトです。

なんとなくここ日本では あまり関心が寄せられていない感がしますが...



まぁ、ここで私がガタガタ抜かしても アレなんで
ここは一発、あなたの耳に判断して貰いましょう ヽ(´¬`)ノ 一曲ドゾ!

あ、「アレなんで」と「アレン・ランデ」って似てるね。

"Come Alive" ALLEN・LANDE


まずはポチって再生をどうぞ (´∀`) 今ここで聴かなかったら、
もう一生聴く機会は無いかもですよ!


2005年発表の 1st「The Battle」から "Come Alive"

これぞマグナス・カールソンのお家芸とでも言いたくなるような
へヴィでキャッチーなハード・ロック・ナンバーです。

エッジの効いた力強いバッキングに組み込まれた
ポジティブで優雅で、歌い出したくなるようなメロディ。

躍動感みなぎる その雰囲気に機嫌がよくなりそうです (´∀`*)


鼻歌で気持ちイイ ランキング、No.1に認定!




ええ。そのランキングは勿論たった今、No.1だけ決めましたw

"次作の待ち遠しいバンド"ランキング...:関連記事へ


アルバム⑤曲目。


アルバム自体 素晴らしい作品ですので たけちよ大推薦盤。
気に入った方は ぜひぜひ 3rdも私とゲットしましょう (´∀`)

日本盤は12月22日発売 だって。ちょっと先だね。

一期一曲 Track.30

2010.10.12 (Tue) 06:58

おはよございます。たけちよです。

先週は 突然の訃報に驚きましたが、
気を取り直して 普段どおりがんばっていきます (´∀`)


さて、今回の一期一曲

前々回記事の ヴァイオリン ネタを引き継ぎまして、、

ヴァイオリン・ソロを設けた
欧州的ハード・ロックの名曲を紹介です!

関連記事:ヴァイオリン速弾き世界イチィィィッッ! のハンサムさん


ニコロ・コツェフ。

このブログでも何度か紹介している
「ニコロのおっつぁん」こと ニコロ・コツェフ先生@ブルガリアン

彼です。
ニコロ・コツェフ

ああ...
やはり デヴィッド・ガレット と比べてはアレですが。。なんともw
どこかですれ違ってもわからない気がします。

...まぁしかたありません。
音楽は顔ではありません。

"Day Of The Eagle" BRAZEN ABBOT


まずはポチって再生をどうぞ (´∀`) 今ここで聴かなかったら、
もう一生聴く機会は無いかもですよ!


贅沢に一流ヴォーカリスト3人をアルバム毎に起用する
ニコロのプロジェクト、ブレイズン・アボット
一期一曲 Track.15 では
HR/HMの歴史でも 屈伸の名バラードを聴いてもらいました。

関連記事:BRAZEN ABBOT 最高のバラード


今回は ブレイズン・アボットらしい 疾走感の溢れるハードナンバーです。
コーラス部での ヨラン・エドマンの高音が印象的ですが、
なんといっても聴きどころは リード・ソロ・パート。

ここでのソロは ギターではなく、ヴァイオリンを用いているんです。
しかもそのフレーズも秀逸で 構築美 溢れる面白味のある展開となっています。


スリリングなイントロ から 高揚感に満ちたコーラス、
縦横無尽に乱舞するヴァイオリン・ソロ。。

ハード・ロック好きには溜まらないダイナミクス。
ごゆるりとご堪能下さい (´∀`*)

アルバム中 ⑤曲目。


日本盤はジャケット違うんだけどね。もう少しカッコイイよ。
つか廃盤?

他2ヴォーカルは ジョー・リン・ターナートマス・ヴィクストローム
秀曲多し (o^-')b

一期一曲 Track.28/29

2010.09.25 (Sat) 06:52

おはよん、たけちよです。

いやー、なんか急に寒くなってきましたね。
あの暑さから急にですからね。

これじゃあ体調も崩すってもんですよ (´Д`)
崩してないケド。

さて、今年もブログテンプレートを秋カラーに変更しました。
しばらく派手めのオレンジ色でお付き合い下さい (^^;ゝ


では、今回の 一期一曲 は、、

一挙に2曲いっちゃいます (´∀`)

"Super Colossal" JOE SATRIANI


"Crowd Chant" JOE SATRIANI


まずはポチって再生をどうぞ (´∀`) 今ここで聴かなかったら、
もう一生聴く機会は無いかもですよ!


あれ? 聴いた事ありますねー。
そう、2曲ともTV東京系の番組「カンブリア宮殿」のテーマソングですね (´∀`)

あの番組、けっこー好きなんですよ。
いろんな経営者の話が聞けて興味深いよね。


これは実は かの スティーブ・ヴァイの師匠 でもある
ジョー・サトリアー二先生 の曲なんですわな。

ズバンとくるリズムと伸びやかなギターが心地いい、ノリの良いナンバー。
勇ましいメロディに心が奮い立たされる感じです。

2曲目の掛け合いのパートが 実際のライブっぽくてうけますw

アルバムのオープニングとラスト。


常に誰しも思う だろけど
サンプラザ中野くん じゃねーよっ。

一期一曲 Track.27

2010.08.20 (Fri) 06:20


ども! たけちよです。

今回の「理屈は言わずもがな」は一期一曲をお届けします。

"This is War" VANDENBERG


まずはポチって再生をどうぞ (´∀`) 今ここで聴かなかったら、
もう一生聴く機会は無いかもですよ!



「でぃす、いず、うぉー」


うぉ、こりゃとんでもなくダサいタイトルだな。
と初めてみたとき思いました ^^;

しかも このサビのメロディ。。
かなり間の抜けた印象を受けますw

しかし、この曲で是非
聴いて欲しいのは ギターソロのパートです (´∀`*)

サビメロの異臭に耐えられない方は
2:30以降だけでもかまわないので是非聴いて下さい。

いや、やっぱり通しで聴いて下さいw



むせび泣くギター。 と自分w
このフレーズに音色、、心の琴線を直接ピックで弾かれるような
そんな感覚に落ち入ることがあります。



聴いたことがない方は 絶対に聴いて下さい。

HR/HMの歴史に残る名ギターソロです (o^-')b


2ndの5曲目。邦題は「闘いの日々」なんですね。



繰り返し聴いていると
サビのメロもまったく鼻につかなくなります (^^;ゝ

フツーにカッコイイですw

PageTopNext>>

アクセスカウンタ

オンラインアクセス

カレンダー

来てくれてありがと

たけちよです。
よかったらゆっくりと していってください。

今回であなたは

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ランキング

気が向いたらヨロシクです。

つぶやき

ローテーション

Helloween _ 7 Sinners Halford _ Made Of Metal Kamelot _ Poetry for the Poisoned Firewind _ Days of Defiance Iron Maiden _ The Final Frontier Blind Guardian _ At The Edge Of Time Paul Gilbert _ Fuzz Universe Marty Friedman _ Bad D.N.A. Unruly Child _ Worlds Collide Salute _ Heart Of The Machine

ブログ内検索

相互リンク ブログ
リンクいろいろ
ブログスカウター

ブログの戦闘力(?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。