スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロ・コーポレーションよ、永遠に謳え 10

2010.09.19 (Sun) 12:56


どもども。たけちよです。


毎度のことながら、「あんまり時間空けない」とか言って
一ヶ月ほど 経ちましたね。
 まぁいつものことです (´∀`;

ゼロ・コーポレーションよ、永遠に謳え!第10回です。


今回は一応、10回 到達を記念しまして

ゼロ・コーポ と言えば、、、  の



オムニバスCD特集です!! ヽ(´ー`)ノ パンパカパーン♪



いろいろ発売されてましたが、今回は

「煌めき」や「哀愁」、「スピード」等、テーマ別に
楽曲を集めたシリーズを 一挙8作品 紹介したいと思います (´∀`)



ではでは、さっそく。。

MVP 美彩'd
■MVP THE BALLAD 美彩'd beside
音楽の彩りを感じたい
ロマンの色、メロディの香り
熱きロック・バラードが綴る
煌(きら)めく珠玉のオムニバス
美彩'd ROCK


MVP 煌 Crystal
■MVP THE MELODY 煌 crystal
煌(きら)めくメロディの宝石箱
音楽が魅せる煌めき
クリスタルの輝き
美しき、鮮律のオムニバス


MVP 華劇
■MVP THE DRAMA 華劇 kageki
ようこそ、ドラマの劇場へ
全曲に音楽のドラマがある
ロックの感動をありがとう
熱く華麗な、ドラマのオムニバス


MVP 愁 mellow
■MVP THE EMOTION 愁 mellow
心に眩(まばゆ)いメロウな彩(いろ)
淡くほのかな熱い華
音楽の吐息がふりかかる
優しくせつない、哀愁のオムニバス


MVP 瞬 fast
■MVP THE SPEED 瞬 fast
瞬烈(しゅんれつ)なる躍動のエクスタシー
戦慄が疾(はし)る、感動が翔(かけ)る
ロックのダイナミズム、ここにあり
駿にして速、スピードのオムニバス


MVP 響 fantasy
■MVP THE HEART 響 fantasy
心に響く、ファンタジー
音楽の生命(いのち)にハートをゆだねて
クライマックスは終わらない...
美しくもまぶしい、心(こころ)のオムニバス


MVP 燦 Anthem
■MVP THE GLORY 燦 anthem
燦然(さんぜん)と輝く、旋律讃歌(アンセム)
心のスクリーンが映し出す
輝くメロディの彩(いろ)
永遠(とわ)にまぶしい、「輝き」のオムニバス


MVP 烈 Force
■MVP THE POWER 烈 force
強烈、炸裂、ロックのパワー
うねり狂うブラック・ホール...
すべてを揺さぶる怒涛のエネルギー
熱く激しい、「パワー」のオムニバス


と、ここまで。
テーマ別シリーズは これで全作品です。


発売当初は 正直 ほとんど興味を示さなかったんですけどね (^^;ゝ
(そういえば、友人が買ってたなぁ。。)


ここ1年ぐらいで ALLゲットしました。

もちろん中古で安く (o^-')b

異様にプレミアついてたりすることあるけど、アマゾンとか。。
ちゃんと粘り強く探せば 安く見つかるもんです(^^)♪




このシリーズ、それぞれの作品が \2,000 というのも良心的でしたね。


しかしなんと言ってもすごいのが、第1弾の「美彩'd」には


メロディアスな香りつきシートのおまけ が。



メロディアスな香りwww ですよっ!




嗅ぎたいでしょ? メロディアスな香りw

どんな匂いか知りたいでしょ? メロディアスな香りw




ふっふっふ~。

それはもうゲットした者にしかわからない秘密の花園ですよ (*´Д`)

もう発売されてから 15年程たってるので だいぶ香りも落ちてるでしょうけど。
というか、中古しかないから 匂いを嗅ぐ ってのは ちょっと... 。 なんですが。。




そして、第2弾の作品からは 香り付きシートはなくなりました。
理由は言わずもがな、ですかね。。

メロディアスな香りつきブックレット
この右上の白いシートに 「メロディアスな香り」がついてます。



でもねー、このレーベルは転んでもただでは起きません。

第2弾の「煌」の特典 はですね、
これは抽選で300名様なんですが、、




特製ガラス・オブジェ



いやー、もうなにがなんだかw
いくら クリスタルつながり とは言え。。


それにしても いったいどんな形だったんでしょうか。


いやー。。。







正直 欲しいw


と、言うわけで

ゼロ・コーポレーションは こういう面白オムニバスとかを企画して
がんばっていたんだよっ て話でした (´∀`)

MVP コンピシリーズ 8枚
マイコレクション ヽ(´ー`)ノ


では、また次回から通常版の ゼロ・コーポ記事に戻ります。

また 20回到達時には 特別編 をおおくりしたいと思います。
(いったい いつのことだか。。)

スポンサーサイト

ゼロ・コーポレーションよ、永遠に謳え 9

2010.08.13 (Fri) 07:27


おはよございます。

夏休みも残り4日となりました、たけちよです (´Д`)
長期休暇も終わりに近づき 落ちてきました。。

...いやいやあと4日もあるんだ。いかんいかん ^^;



さて、今日は久しぶりに
ZERO盤 帯タタキ紹介コーナー です。まいど!

Angelheart _ Give Me Five
ANGEL HEART / Give Me Five (1994)
艶やかなメロディが織りなす哀愁の「深み」
叙情のシーンが育んだ非凡のニューグループ
「エンジェル・ハート」ドイツからの注目の登場


Den Of Thieves _ Honour Among Thieves
DEN OF THIEVES / Honour Among Thieves (1994)
大英帝国の地下茎に流れる伝説の血脈
湿感に満ちた正統の誇りとこだわり
「デン・オヴ・シーヴズ」誕生


GERRY LAFFY _ MONEY AND THE MAGIC
GERRY LAFFY / Money And The Magic (1992)
新鋭のHRバンド「シアー・グリード」率い「限りなき欲望」を発表したジェリー・ラフィー
彼のはかりしれない才能が如何なく発揮されたファースト・ソロ・アルバム
日本盤ボーナス・トラックを加え「シアー・グリード」と同時発売


Jerusalem _ Prophet
JERUSALEM / Prophet (1994)
注目の地「スウェーデン」のシーンが育んだ
ヴェテラン・グループ、洗練のオリジナリティ
ドラマティックな叙情性と熱さの昇華
異色の大型グループ「エルサレム」、本邦初見参


XT _ Taxfree
XT / Taxfree (1993)
透明感と哀愁に満ちたメロディ
きらびやかで情感豊かな"泣き"の舞い
XTのニュー・アルバム、1stと同時発売で日本デビュー


ほいっと。

今回はこんな感じです。
かなりマイナーなのが集まってしまいましたね。。
華がない。何も考えてなかった。。orz


んー。この中で特に印象的なのは エンジェル・ハート ですかね。
なんつっても キラキラのブックレットには当時度肝を抜かれましたw
さらにこのバンド名ww

あとの4枚は大人になって(?)から
後追いでゲットしたものなので あまり思い入れはないかな。
XT はず~っと欲しかった作品でしたが期待が大きかったかな (^^;ゝ


ではでは今回はこんなとこで (´∀`)

次回は、ついに10回目を迎えますので(長かった...)
あまり時間を空けず、特別企画でお送りしたいと思っています。


そんじゃ、まったね~ ヽ(´ー`)ノ

ゼロ・コーポレーションよ、永遠に謳え 8

2010/04/25 (Sun) 00:50


こんばんは~。

なんだか毎日、暖かくなったり寒くなったり変な天気ですね~。
こんなに気温差があると体調崩しますよ、ほんと。

私の娘さんも風邪ひいて39度の熱だしたり、
奥さんは腸炎になったりで我が家はてんやわんやです。
私もちょっと調子悪いけど今はダウンしちゃいかんと
気持ちで乗り切ることにします ヽ(´¬`)ノワ~イ



なーんて、3、4日前に思ってたけど

私めも風邪でダウンしちゃいました~ (´Д`;

今日は家族には申し訳ないですが一日中寝てました。。
でもその甲斐あってやっと復活してきましたよ!

ずーとブログ更新したいなと、引っ掛かっていたんですが
やっとでけました (´∀`*)




いやー。ほんとひさしぶりですね。

3ヶ月ぶりとなりました、ゼロ・コーポ帯タタキ紹介コーナー
「ゼロ・コーポレーションよ、永遠に謳え」
こんなコーナーあったのもう忘れたでしょう ^^;


休んでる間にもちゃんとストック増えてますよ~。ぐふふ。
ではでは紹介していきます。


Auditory Imagery _ So Alive
AUDITORY IMAGERY / So Alive (1995)
プログレシッブ・アンド・テクニカルのセンス
そして卓抜の「冴え」。マサチューセッツ出身
期待の新星「オーディトリー・イマジェリー」
錬磨のセカンド・アルバム、堂々の完成


Talisman _ Humanimal
TALISMAN / Humanimal (1994)
メロディが時代を凌駕する
ハードなメロディとグルーヴなモダニズム
"四天王"「タリスマン」が創りあげた 銘盤"ヒューマニマル"
日本オリジナルの選曲編成で注目の発売


Shotgun Symphony _ Shotgun Symphony
SHOTGUN SYMPHONY / Shotgun Symphony (1993)
時代の混迷に対する 美しきメロディからの回答
卓越と洗練をダイナミックに織り成す叙情の光
「ショットガン・シンフォニー」
ニュー・ジャージーから登場 遂にそのベールを脱ぐ


Baltimoore _ Double Density
BALTIMOORE / Double Density (1993)
北欧ハード・ロックの王道を歩む
伝説的バンド「バルティモア」
待望の日本デビュー・アルバム
様式美に満ちた名曲 "マイ・ブルー・ムーン"を
ボーナス・トラックに収録


Riot _ Inishmore
RIOT / Inishmore (1997)
悲哀と激情のウォーリアー、ライオット
ヘヴィ・メタル、その熱き血潮
アイリッシュ、その哀しき運命(さだめ)
気高くそして美しき、生命(いのち)の聖戦(たたかい)...



と、今回も5作品。

「期待の新星」とはきましたね。オーディトリー・イマジェリー
前作はたしか「期待の新鋭」でしたね。
あと マサチューセッツ押しはもういいだろw
関連記事:マサチューセッツから期待の新鋭


タリスマンいつもどおり「四天王」でなによりですw


バルティモアは私の大好きなニコロのおっつぁんのバンドですね。
ほとんどの人は知らないと思いますが、僕も知りませんでしたが、
「伝説的バンド」だったそうでw
さらに 名曲なのにボーナスかいっ。
関連記事:ニコロのおっつぁんの名曲と言えば...


んでライオットですね!
この帯タタキの文句はキてますね~..!
このクサさ 最高名帯のひとつ ではないでしょうか。
ちなみにこの作品は好きではありますが、ほとんど風呂では聴きませんw
関連記事:漢は風呂場でライオット



とりあえず今回はこんな感じですか (´∀`)


ところで、テンプレートを春仕様にしました!
これからしばらくぐりーんです。

違和感あるけどよかったら仲良くしてやって下さいね~。


ではでは、また次回!


ゼロ・コーポレーションよ、永遠に謳え 7

2010/01/16 (Sat) 10:23

こんにちは。たけちよです。

2010年ももう16日になりましたか。
皆さんは2010という文字にも慣れてきましたか?

私は仕事柄PCでちょくちょくタイムスタンプを打ったりするのですが
未だ2009と一度打ってしまい、また打ち直していますね。
年が明けるといつもそうです ^^;


さて、新年一発目のゼロ盤紹介です。
今年もふと思い出したように更新していきますので
よろしくお願い致しますm(_ _)m


Uli Jon Roth _ Sky of Avalon
ULI JON ROTH -SKY OF AVALON- / プロローグ 天空伝説 (1996)
天界の仙神、ウリ・ジョン・ロート
壮大なるシンフォニー伝説の全貌がここに...
序章、完成。(日本限定発売)


Jeff Scott Soto _ Love Parade
JEFF SCOTT SOTO / Love Parade (1995)
歌うために生まれてきた男のマジカル・パフォーマンス
鬼才が記した、異色のジ・アザー・サイド・ストーリー
「ジェフ節」のルーツと歩み、10年の集大成
注目のソロ・アルバム、満を持して...、完成


Kingston Wall _ II
KINGSTON WALL / Kingston Wall II (1993)
魔法の魅力が妖しく脈打つ
神秘の独創とクールな情感が渦巻く
不思議な進化の世界
'93年、異色のベスト・アルバム "キングストン・ウォールII"


RENEGADE _ Time to Choose
RENEGADE / Time to Choose (1993)
北欧美旋律のエッセンス、ここに極まる
オーロラのきらめきを浴びて
「レネゲード」日本デビュー


Savatage _ Handful Of Rain
SAVATAGE / Handful Of Rain (1994)
壮大かつダイナミックなオペラのドラマ世界が
聴き手を美しき感動の大河に誘う
亡きクリス・オリヴァの魂に捧げたレクイエム
逆境を不屈の精神で乗り越えて、正統派HMの雄
「サヴァタージ」が完全復活の帰還を遂げる!!


と、相も変わらずバラバラな5枚をセレクトしてみました ^^;

今回は、そうですね。。
ゼロ盤の帯にしては意外とまとも?なものが多いかもしれませんね。
まぁ 慣れてマヒしている感もありますが
キングストン・ウォールあたりは結構
「ゼロ節」が炸裂しているんではないでしょうか w


作品として注目したいのは
レネゲードの美旋律も個人的な思い入れはありますが
なんといっても
ウリの「プロローグ 天空伝説」でしょう。

「The Legend Of Avalon」三部作の序章として
日本独自で発売されたのが1996年。それからなんと
12年の月日を得て第1部が2008年に発表されました。
まさか本当に発表してくれるとは。。
このニュースを知った時は
驚きとともに涙がちょちょぎれましたよ(>_<。


しかし 12年て。。
生まれたてから小学校卒業しちゃう勢いですよね。
それが序章から1部とは。。人間の一生じゃないんだから ^^;

なんとか生前中に3部作を完結して欲しいと願っています(>_<)


では、今回はこんなところで。まったね~♪

ゼロ・コーポレーションよ、永遠に謳え 6

2009/12/26 (Sat) 16:44

こんにちは。もう26日ですね。
クリスマスはいかがお過ごしでしたでしょうか。

家族でおいしい食事をしたり、友達とパーティしたりですかね。
いや若い人達は恋人と過ごしますよね。
恋人達にとって一年でかなり大きなウェイトをしめる日ですもんねぇ(´∀`)


私?私はもう所帯持ちですしファミリーで過ごしましたよ。
仕事も早めにあがることができたので (^-^)
子供が生まれてから初めてのクリスマスでした。
そういう意味では
妻とは恋人気分が抜けた初めてのクリスマスだったかもしれません。

あとは、毎年深夜には明石家サンタは欠かさず見てますかね。
高校の頃から見てるから もうかれこれ 15,6年、、、

ああ、私の HR/HM暦と同じだけの年数 ですね。。



さて、日記ブログらしい(?) ことを書いた上で、今回はゼロ・コーポです。
もう前回から 一ヶ月以上も空いてしまいましたか (@_@;
我ながらびっくりですが、のんびりコツコツ更新していきます。

まだまだストック品はあるのですが
前回、数枚買ったと宣言した中の5枚を今日は紹介しようと思います。


SPHINX _ Test
SPHINX / Test (1995)
飽和と荒廃、過酷な鬱屈が覆う現代アメリカ音楽風景
本当に'80年代は終わりを告げたのか...
表情豊かな新世代のセンスが呼び醒ます、心の豊かさ
ハード・ロックの次代を切り開く、可能性を光らせて


STEVEN ANDERSON _ Missa Magica
STEVEN ANDERSON / Missa Magica (1996)
音楽の万華鏡
ジプシー・パワーが映し出す
エキゾティックな異次元世界
スティーブン・アンダーソンの大魔術
旋律に悲哀が恋をした...


CASINO _ Casino
CASINO / Casino (1994)
メロディックでドラマティックに
展開するロック・サウンド
キーボードをフューチュアした
広がりと透明感のある空間美
名門SIレーベルから「カジノ」日本登場


LANDMARQ _ Infinity Parade
LANDMARQ / Infinity Parade (1994)
メロディックでドラマティックに展開する
ロック・サウンド、メロウなギター・ワーク
広がりと透明感あるキーボードの彩り
名門SIレーベルから「ランドマーク」日本登場
日本盤のみボーナス・トラック1曲を収録


SHADOWLAND _ Ring of Roses
SHADOWLAND / Ring of Roses (1994)
メロディックでドラマティックに展開する
ロック・サウンドの源流
ソリッドなギター・ワークと
緩急/静動コントラストの「妙」
名門SIレーベルから「シャドウランド」日本登場
日本盤のみボーナス・トラック2曲を収録


いや~、しかし
「メロディックでドラマティックに展開する
 ロック・サウンド」のバンドが 3ついましたw

名門SIレーベル w
今、帯を写しながらびっくりしましたよ。
写し間違えているかと目を疑いましたが、、、

我ながらいい引きに驚きです!(←実話)


かのゼロ・コーポレーションが
こんなニアミスを起こしていたとは、、!

あと、
カジノにもボーナス・トラック入れたげて!!



さてさて、気を取り直して

前の2作はいい感じでゼロ節が出ていますね!
スフィンクスの
「本当に'80年代は終わりを告げたのか...」なんて
なかなか出てこないですよね。しかも90年代ももう半ばにw

あとはもうスティーブン・アンダーソンといえば
「まんげきょう」ですから。それはもう、異次元の大魔術ですよ。



今回の購入品は 万華鏡ギタリスト 以外は
どれも名前すら知らないバンドでした。
ゼロ・コーポレーション品に限っては
私はただのコレクターなので なんでも手を出しますので ^^;

音楽的には初期のZERO盤らしく、
「まずまず、、というわけでも無い」といった感じですかね w

でもSTEVEN ANDERSONの世界は癖になりそうです(´∀`)


それじゃあ、また次回。
次は1ヶ月明けずにやろうと思ってまーす (^-^)/

PageTopNext>>

アクセスカウンタ

オンラインアクセス

カレンダー

来てくれてありがと

たけちよです。
よかったらゆっくりと していってください。

今回であなたは

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ランキング

気が向いたらヨロシクです。

つぶやき

ローテーション

Helloween _ 7 Sinners Halford _ Made Of Metal Kamelot _ Poetry for the Poisoned Firewind _ Days of Defiance Iron Maiden _ The Final Frontier Blind Guardian _ At The Edge Of Time Paul Gilbert _ Fuzz Universe Marty Friedman _ Bad D.N.A. Unruly Child _ Worlds Collide Salute _ Heart Of The Machine

ブログ内検索

相互リンク ブログ
リンクいろいろ
ブログスカウター

ブログの戦闘力(?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。